喘息には水泳が効果的?喘息改善にはスイミングに通わせるがオススメ!

★この記事をざっくり要約すると!

  • 湿度の高い環境が好影響
  • 有酸素運動が呼吸器に好影響
  • 運動がマイナスになる場合もあるので医師へまずは相談

  
子供の喘息体質の改善のために、水泳を始めさせる保護者様は増えています。
しかし、なぜ喘息体質改善に水泳が効果的なのかはよくわからない人が多いのではないでしょうか。

本記事では、他のスポーツよりも水泳が効果的な理由を詳しくご紹介していきます。
喘息体質改善のために子供にスイミングスクールに通わせようか検討されている親御様は特に必見です

それでは、水泳が喘息体質改善に有効な点を3つご紹介していきたいと思います。

1.湿度が高く気管支内が乾燥しない。

image

小児喘息の多くは、屋内アレルゲン(ダニやほこり)が大きな原因となる場合が多いです。
子どもが屋内アレルゲンを吸い込んでしまうことにより、喘息の症状が出てしまうのが一般的です。空気が乾燥すると、ほこりが立ちやすくなります。

また、乾燥した空気自体も喘息の症状を引き起こす原因となります。
そこで水泳は、湿気が多いため、空気の乾燥は起こしにくく、ほこりも立ちにくいので、喘息には有効なのです。

2.呼吸器を鍛えることができる

image

水泳は酸素を取り込みながら行う有酸素運動です。呼吸器の機能を向上させるには最適な運動です。
また、水泳は、水の中の運動なので、呼吸は意識的にしなければなりません。これにより、一回で据える酸素の量(最大酸素摂取量)は向上し、リズムを持った呼吸法を体得するのに最適です。

成長期から水泳を定期的にやることで、呼吸器を鍛えることができ、喘息の治療にも有効的です。

3.自律神経向上

image

喘息は、自律神経が大きく関わってきます。
自立神経は、気管支の太さを一定に保ってくれる働きをくれるため、自律神経を鍛えることができ、喘息が起こりにくくります。

水泳が喘息に良いのは、この自律神経も関係しています。自律神経は皮膚に多く分布しており、皮膚の刺激により鍛えることができます。
したがって、スイミングスクールの水温は体温より低く設定されており、水に入った時の温度差の刺激により自律神経を鍛えることができます。

そして、自律神経が鍛わることにより、気管支の太さを一定に保ってくれるため、喘息には良いのです。

水泳を始める際に気をつけるべきこと

ここまでは、水泳を始めることで起きるメリットをお伝えしてきましたが、もちろんメリットばかりではありません。
喘息の中には運動することが原因となり、発作が誘発される「運動誘発性喘息」というものもあります。

こちらは、運動を休むとすぐに発作は治まりますが、肺や気管支に負担をかけてしまうことになるため、無理はさせないほうが良いでしょう。
小児喘息の重度が高い場合は特に気をつけましょう。一度、医師に相談してから始めるのが一番の選択肢でしょう。

また、塩素の濃度が高いことを原因に、喘息を引き起こしてしまう可能性があるため、スイミングスクールに通われる前に一度確認しておきましょう。

喘息の原因や解決策は医師にも相談しましょう

いかがでしたでしょうか。
小児喘息改善には、基本的に水泳は有効的です。
ただ、症状によっては逆効果を招いてしまう場合もあるため、まずは、医師に相談してから始めるようにしましょう。

また、最近では、喘息改善に積極的なスイミングスクールや、塩素を使わないスイミングスクールなども増えてきているため、一度スイミングスクールにも相談してみるようにしましょう。

※本記事の監修メンバー

・水泳歴20年のアドバイザー「渡邉氏」
・「愛知県水泳連盟医科学委員」の理学療法士「川本氏」
image

関連記事

  1. 水泳の魅力を知れる
  2. 近くの水泳教室を探せる
  3. 水泳教室の魅力がわかる

一気通貫型 Webメディアです。