スイミングの短期教室って効果は?短期教室の特徴を徹底解説!

★この記事をざっくり要約すると!

  • 短期間で水泳の最低限の基礎の習得
  • 学校水泳対策になる
  • 短期教室から本入会で特典がつくことが多い

  
お子様をスイミングスクールに通わせたいとお考えの親御様は多いのではないでしょうか。
しかしながら、入会してからお子様に合わなかった場合を考えると、
まずは短期教室に通わせるのも一つの手段です。

本記事では、短期教室の効果や特徴をご紹介していきます。

1.短期教室とは

image

基本的に、スイミングスクールの短期教室は「春・夏・冬」に行われる場合が多いです。
スイミングスクールによっては、春と夏だけの場合もあります。
短期教室は、泳力や年齢別にクラスが分かれていることが多く、3~4日間でレッスンカリキュラムが構成されていることが多いです。

また、入会金がなかったり、スイミング指定の水着などを購入する必要ないので、気軽に参加することができます。

2、短期教室の内容

image

短期教室の内容は、年齢や泳力によって異なります。

①.全く水に慣れていない場合

水に慣れることを目的としたカリキュラムが組まれていることが多いようです。
短期間で、水に顔をつけることに抵抗をなくし、水に恐怖心をなくせるようにします。

また、上達の早い場合、蹴伸びまでできるようになるケースもあるようです。

②.水には慣れているが泳げない場合

補助道具(ヘルパーやビート板)を使い、泳げる感覚を身につけることができるようになるためのカリキュラムが組まれていることが多いようです。

また、上達の早い場合、15mほど泳げるようになるケースもあるそうです。

③.少し泳ぐことができる場合

補助道具(ヘルパーやビート板)なしで25m泳げるようになるためのカリキュラムが組まれている場合が多いようです。

また、上達の早い場合、息継ぎができるようになったり、クロール以外の泳ぎを習得したりするケースもあるようです。

3.短期教室の効果

image

①.水嫌いが改善される

水に恐怖心がなくなることを目的としたカリキュラムが組まれるので、自然と水への恐怖心がなくなり、満足される親御様は多いようです。
水に恐怖心があるお子様には、まず短期講習から始めることは相性が良いといえます。

②.学校水泳で困らなくなる

補助道具ありで泳げるようになったり、補助道具なしで泳げるようになったりと、泳力の向上を見込めます。
学校水泳でも困らない程度に成長するお子様も多いようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
短期教室は、気軽に参加できるため、長期入会に抵抗のある場合にはおすすめです。

また、短期教室で気に入った場合、入会特典が充実する場合も多いので、
お子様が無理なく続けられそうであれば長期入会も検討してみると良いでしょう。

まずは、お近くのスイミングスクールに相談してみることをおすすめします。

※本記事の監修メンバー

・水泳歴20年のアドバイザー「渡邉氏」
・「愛知県水泳連盟医科学委員」の理学療法士「川本氏」
image

関連記事

  1. 水泳の魅力を知れる
  2. 近くの水泳教室を探せる
  3. 水泳教室の魅力がわかる

一気通貫型 Webメディアです。