発達障害のあるお子様にもスイミングは良い!?

★この記事をざっくり要約すると!

  • 水泳は他競技に比べて発達障害のあるお子様に合う
  • 精神的にも身体的にも効果的
  • 必ず入会前にスイミングへ相談する

  
発達障害のあるお子様に習い事をさせることを悩む親御様は多いかと思います。スイミングスクールは、発達障害のお子様に習わせる習い事として定評があります。では、それがなぜなのか本記事で紹介していきます。

水泳はシンプルなスポーツ

image

水泳は、比較的シンプルなスポーツです。球技のようにポジション等もなく、基本的には決められた距離を泳ぐだけとなります。

また、スイミングスクールは室内プールでレッスンが行われます。また、プール内は、コースロープで仕切られており、お子様が視覚的に環境を理解しやすいため、お子様にとって迷いが生まれにくくなります。発達障害のあるお子様は物事の見通しがつきにくいことを嫌う傾向にあるので、そういった観点からも水泳を習わせることはおすすめです。

個人競技が与えるメリット

image

水泳は、個人競技です。泳ぐことに対して、基本的に自分のペースで進めていくことができます。球技のようにチームプレーを必要とする場合、自分の置かれた立場や仲間の状況などを把握しなければなりません。仲間と協力しなければならないことやコミュニケーションを取ることが苦手な発達障害のあるお子様にとっては苦になるケースが多いです。

それに比べ、水泳は「泳ぐ」というミッションに対して、自分のペースで習得していくことができるのでおすすめです。

水泳から得られる身体的メリット

発達障害のあるお子様の多くは、筋力が弱いケースが多いです。
そこで、水の中は、「浮力」という力が大きく働くため、少ない力で全身を動かすことができます。泳ぐためには、平衡な姿勢を保つ必要があり、平衡感覚も体の負荷を少ない状態で身につけることが可能となります。

水泳から得られる精神的メリット

普段、うまく全身運動をすることが難しい発達障害のあるお子様は、水泳を通して全身運動が可能になることで、普段感じることのない爽快感を感じることができ、ストレス発散に繋がるケースもあります。また、自分のペースで確実に泳げるようになっていくことで、自己肯定感の向上も見込めます。

入会前にお近くのスイミングへ相談しましょう

発達障害のあるお子様をお持ちの親御様が悩むのは、「入会して迷惑ではないか」ということが多いようです。前提として大事なことは、入会前に担当のスタッフとしっかり話し合うことです。近年では積極的に受け入れているスイミングスクールも多いので、入会前にしっかり話をするようにしましょう。

※本記事の監修メンバー

・水泳歴20年のアドバイザー「渡邉氏」
・「愛知県水泳連盟医科学委員」の理学療法士「川本氏」
image

関連記事

  1. 水泳の魅力を知れる
  2. 近くの水泳教室を探せる
  3. 水泳教室の魅力がわかる

一気通貫型 Webメディアです。