水泳は子供の脳の発達やストレス解消・冷え性にも効果的?

★この記事をざっくり要約すると!

  • 算数能力を向上させる可能性ある
  • ストレスを軽減する役目がある
  • 効率的に冷え性体質を変えることができる

  
子供に水泳をさせることが良いというのは、なんとなく聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。水泳は、身体面と精神面に良い影響を与えてくれるスポーツです。本記事では、具体的に解説していきます。
  
image
  

水泳が与える脳への影響

image

水泳は、脳細胞を刺激することができると言われています。泳ぐためには、バランスをとる必要があり、全身の筋肉を自然と使います。部分的な筋肉を中心に使うスポーツとは大きく異なります。全身の筋肉をリズミカルに使うことで、脳細胞を効率よく刺激することが可能となります。

また、水泳には空間認識能力を鍛えることができます。水の浮力を使い、リズミカルに全身を動かす行為が空間認知力を向上させると言われています。実際に、脳科学の観点から、水泳で空間認知能力向上することにより、「算数などの図形問題が得意になる」といったことも証明されているそうです。つまり、幼少期の頃から始めさせておくことが大切です。

水泳はストレスを解消させるツールとなる

水泳は、他の身スポーツに比べ、ストレスを軽減させやすいスポーツと言われています。近年、子供のストレス社会と言われるように、子供のストレスが社会問題となっています。

水泳がストレスを軽減させやすいと言われているのには理由があります。泳ぐと脳内から「セロトニン」という物質が分泌されます。セロトニンとは通称「幸せホルモン」と言われるもので、精神を安定させる役割があります。「セロトニン」は、リズム運動をするとよく分泌される傾向があります。

「水泳が与える脳への影響」で前述した通り、水泳は、リズミカルに全身を動かすスポーツです。こういった背景から水泳はストレスを解消させるのに効果的なスポーツと言えます。

水泳は冷え性に効果的

image

水泳は、代表的な有酸素運動です。つまり、血液循環の巡りを良くできます。冷え性の原因の一つとして、血液の流れが悪いこともあげられるので効果的といえます。また、水泳は、全身の筋肉を使うため、基礎筋力が上がり、基礎代謝を向上させることができます。基礎代謝が上がることで冷え性も解消することができます。

注意すること

水泳は、身体面と精神面にとって好影響を与えることはお分りいただけたかと思います。とはいえ、本人の意思を無視して強引に習わせる必要はありません。お子様の意思を尊重した上で習わせましょう。一度体験に行くことをおすすめします。

※本記事の監修メンバー

・水泳歴20年のアドバイザー「渡邉氏」
・「愛知県水泳連盟医科学委員」の理学療法士「川本氏」
image

関連記事

  1. 水泳の魅力を知れる
  2. 近くの水泳教室を探せる
  3. 水泳教室の魅力がわかる

一気通貫型 Webメディアです。